人形を抱く女の子

教育の目標

ほいくえんももの家の教育の考え方

ももの家は、シュタイナー教育※の基本方針であるアントロポゾフィ(人智学)に基づいて、0歳から就学までの乳幼児への教育を行う保育園です。


※シュタイナー教育とは、オーストリアの思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した教育思想で、アントロポゾフィ(人智学)を基盤として、心と体の全人教育を目指しています。

 教育の理念 

命を守り、
地域に守られ、共に育つ。

子ども同士の交流、教育者保護者間の連携を密にしながら、一貫した就学前教育を促していく。

 教育の目標 

めざす子ども像

  • かがやくいのち
  • すこやかなからだ
  • かんしゃのこころ
  • かんがえるあたま

 

 

教育の方針

子どもが本来持っている、生命の輝きと能力をのばす教育。

大人たちの温かな情愛のなかで、
感謝する気持ちと助け合う心を育てる。
意志
一人一人の気質を見極め、
その調和をはかり、個性を伸ばす。
自然・芸術
体力と円満な人格形成、
将来につながる総合的学習能力の基礎を培う。
おもちゃで遊ぶ子ども達

 

 

環境の方針

子どもの生活が豊かなものになるように、計画的に環境を整えています。

    1.  最善を尽くす環境づくり

子どもの成長を豊かに支えるため、月齢と気質や個性に配慮し生活の営みと活動の場を最善にします。

    1.  積極性を促す環境づくり

子どもが自発的に活動し、豊かな経験を修得できるよう、自然環境と社会の環境作りに配慮します。

    1.  安全で保健的な環境づくり

生き生き活動できるよう、安心できる温かい家庭的な雰囲気と、清潔で衛生的な環境を維持します。

    1.  豊かに交流する環境づくり

コミュニケーション力の養成のため、子どもが自発的に人と関わることができる環境を整えます。

手をつなぎ輪になる子ども

ページトップ